中央リテール,本審査

おすすめカードローン おまとめローン

中央リテールの本審査で落ちない5つの方法とは?審査落ちを防ごう

中央リテールは仮審査に通過したあと、本審査があります。

この本審査で落ちる方もいますが、落ちる理由は明確にあります。

 

この記事では、

  • 中央リテールの本審査までの流れ
  • 中央リテールの本審査でも落ちない5つの方法とは
  • 仮審査に通っても本審査に落ちる人の特徴

など、なるべく中央リテールの審査に通り、借入のおまとめをする確率を高める方法を元銀行員が解説します。

 

中央リテールの本審査までの流れとは

中央リテールの審査は本審査の前に仮審査があります。

審査の流れは、

  1. 申し込み(必要事項入力)
  2. 仮審査(返済計画の相談がある可能性もアリ)
  3. 必要書類を持って、東京の支店で契約→本審査
  4. お借入実行
  5. 借り換えた今までの借入関係を解約する

このような流れにになっています。

 

そして仮審査で通過しても本審査で落ちる可能性もあるため、注意が必要です。

 

なお、他のサイトの口コミで”本審査の来店は電話で融通が利く可能性がある”という書き込みがありましたが、電話で確認したところ、来店での対応が必要とのことでした。

 

なぜなら、中央リテールはなるべく顧客と寄り添う姿勢があり、直接会話をすることで人間性をチェックしたり、正しい返済額を相談できることを大切にしているからです。

 

中央リテールの本審査で落ちやすい人の特徴とは

本審査で落ちる可能性のある人の特徴を確認しておきましょう。

  • 必要な書類が準備できない
  • 申し込み内容と実際の内容が異なった
  • 仮審査から本審査の間に他社で借入をした
  • 仮審査承認後にクレカの利用額が急増した
  • 仮審査承認後に何かしらの変化があった

それぞれ確認していきましょう。

 

その1:必要な書類が準備できない

仮審査の段階ではあくまで”簡易的”です。

そのため、申込情報を元に信用情報をチェックして仮承認をします。

 

そして実際に本審査のときに本人確認書類や収入証明などが提示できない場合は本審査に通りません。

 

その2:申し込み内容と実際の内容が異なった

上述の通り、仮審査の段階では申込内容を元に仮審査を行います。

 

そのため本審査の際に、収入証明を確認したら申し込み時の年収と異なっていたりすると本審査で落ちる可能性があります。

もしもwebで申し込み時に入力ミスをしてしまったとしても、事実と異なるため入力も注意しましょう。

 

その3:仮審査から本審査の間に他社で借入をした

仮審査に通った後から本審査の間に他社で借りてしまうと、状況が変わります。

他社で借りた事実は信用情報ですぐにバレてしまいます。

 

また、さらに追加で他社で借りてしまうと”借金癖”があると判断されてしまうため、本審査で秘訣になる可能性が高まるため、他社で借りないようにしましょう。

 

その4:仮審査承認後にクレカの利用額が急増した

クレカの利用額、利用残高も信用情報でわかります。

ショッピングの1回払いは借入ではないものの、通常の利用額ではない金額の場合、本審査で落ちる可能性があります。

 

なぜなら、クレカのショッピング枠を利用した現金化をすることもできなくはないため、そのような疑いがあります。

もちろんクレカのショッピング枠を使った現金化は決して行ってはいけないため信用が下がってしまいます。

 

そのため、日常生活レベル以上のクレカの利用には注意しましょう。

 

その5:仮審査承認後に何かしらの変化があった

仮審査承認後に、会社を辞めた、引っ越しをしたなども審査において影響があります。

引っ越しにおいても”家賃”が変わるということは毎月の返済できる資金繰りが変わってしまいます。

 

まず仮審査が承認されたら、本審査して借換を実行するまでは特別な行動は控えましょう。

 

下記では中央リテールの詳細について解説しています。

複数の金融機関から借金をしている人必見!中央リテールのおまとめローンで借り換えして借入を一本化!!借金問題解決へ!

中央リテール公式サイト

 

中央リテールの本審査を承認しやすくする5つのこととは

中央リテール,本審査

 

では本審査も承認をされて、借換成功しやすい5つのポイントをチェックしておきましょう。

  1. 返済額の設定を短すぎず、長過ぎない期間を設定する
  2. 住宅ローンがなければ実家に戻り家賃支払いを抑える
  3. 虚偽の報告を一切しないこと
  4. なるべく勤続年数を長くしておく
  5. 延滞が一度もないこと

 

その1:返済額の設定を短すぎず、長過ぎない期間を設定する

借入を一本化した後の返済期間において、

  • 返済期間が短い:毎月の返済額が大きい→毎月返済できるの?
  • 返済期間が長い:完済まで長期化することは中央リテールにとってリスクが高くなる

このように判断されます。

 

理想は従来の総返済額を目安に検討することが望ましいです。

利息が減るため、総返済額(利息を含めた)はかなり減少します。

 

なお、中央リテールの対応する職員は全員国家資格を保有しているため、率直に相談するのもアリです。

 

その2:住宅ローンがなければ実家に戻り家賃支払いを抑える

家賃は信用情報に掲載されないものの、毎月固定費として支出される費用です。

審査では当然家賃の支払額も加味して審査します。

 

実家に戻ることで家賃の支払いがなくなることは、毎月の収支もかなり良くなるため、審査に通りやすくなります。

 

その3:虚偽の報告を一切しないこと

申込内容と実態が異なることがバレた場合、本来審査に通ってた可能性があっても虚偽をする=信用力を失ってしまうため、審査に落ちやすくなります。

 

中央リテールとしても、借入を実行したら長い付き合いとなるため、信用力は非常に大切です。

 

その4:なるべく勤続年数を長くしておく

勤続年数は信用力を高める大事な要素です。

仕事を1年でコロコロ変わる方と、5年、10年と同じ会社で働いている方では信用力が違います。

 

返済も数年単位となるため、勤続年数が長い方が有利です

 

その5:延滞が一度もないこと

中央リテールは延滞が1回あっても、きちんとすぐに延滞を解消していれば審査に通る可能性はあります。

 

しかし、あくまで延滞履歴は記録されてしまいます。

延滞が過去に一度もない方は非常に信用力も高まるため、毎月の返済は注意しましょう。

 

まとめ:中央リテールは人間性を確認している。信用を落とさないようにしましょう

今回は中央リテールの本審査で落ちやすい人の特徴や、審査に通りやすくするための5つの方法について解説しました。

大切なことは、

  1. 返済額の設定を短すぎず、長過ぎない期間を設定する
  2. 住宅ローンがなければ実家に戻り家賃支払いを抑える
  3. 虚偽の報告を一切しないこと
  4. なるべく勤続年数を長くしておく
  5. 延滞が一度もないこと

これらのことを意識することで、審査に通る確率はグッと上がります。

ぜひ注意して対応しましょう。

 

中央リテール公式サイト

 

なお、中央リテールの詳細については下記で解説しています。

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,悪い,相談,貯金,預金,クレジットカード,借換,借り換え,中央リテール,融資,申し込み,スマホ,,アイキャッチ
複数の金融機関から借金をしている人必見!中央リテールのおまとめローンで借り換えして借入を一本化!!借金問題解決へ!

5社以上から借入をしている人は中央リテールで一本化 「複数ある借金を一本化するだけで返済額、金利が低くなり、返済が楽になり日々の生活に余裕が出る」これがおまとめローンの特徴です。 今回は紹介するのが、 ...

続きを見る

 

では最後までお読みいただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

経済博士

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務力が得意。 自称「ファイナンスエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。

-おすすめカードローン, おまとめローン
-,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.