カードローン,ローン,借金,借入,繰上,繰上返済,返済,一部返済,一部繰上,お得,メリット,どのくらい

返済に関する知識

カードローンの繰上げ返済はどのくらいお得?実際のシミュレーションで確認しましょう!

カードローンを利用している方でなかなか借入残高が減らないと感じたことはありませんか?

金利が高く、毎月の返済額も少額なケースが多いため、返済の多くが利息で元金の返済はあまり進んでいない可能性があります。

そこでこの記事では毎月の返済に追加して繰上げ返済をしたらどのくらいお得なのかを、具体例を交えて解説いたします。

 

カードローンの繰上げ返済はなるべくしましょう!

カードローン,ローン,借金,借入,返済,繰上,繰上返済,一部繰上,お得,メリット,どのくらい

カードローンは基本的に金利が高いです。

恐らく大半の方が金利10%台で借りているかと思います。

そのため、毎月の返済の内訳で利息が多く占めている可能性があります。

仮にカードローンの金利が15%であれば、繰上げ返済をすると利回り15%の投資をしているのと同じ効果があります。

一般的な資産運用の利回りは5%程度であることからも、ローンがある場合はなるべく繰上げ返済をして借金を減らすことは懸命な判断です。

 

カードローンの繰上げ返済は可能?

では、そもそも今利用しているローンは繰上げ返済すること自体可能なのでしょうか。

結論からお伝えすると、繰上げ返済することは可能です。

むしろ、できないローン会社は見たことがありません。

ただし、金融機関やローン会社によって手数料や手続きは異なるため、詳細はご自身の借りている会社の公式サイトで確認してみて下さい。

 

カードローンの繰上げ返済はどのくらいお得?

実際に例をいくつか用意をして通常に返済をした場合と毎月繰上げで返済した場合のシミュレーションで比較してみましょう。

複数の借入残高、金利、返済額を用意します。

また、返済額は大手のプロミスの契約内容を元に算出し、プロミスの公式サイトの返済シミュレーションを活用しています。。

プロミスは繰上返済をする際にネットの場合は手数料がかかりませんので、その通りに遵守して計算します。

 

ケース1)借入残高:50万円

ケース1)借入残高:50万円

例1例2例3
借入残高50万円50万円50万円
金利17.8%17.8%17.8%
毎月繰上返済額1万円1.5万円2万円

 

返済シミュレーション

50万円を借りると、毎月の通常返済額は13,000円です。

この毎月の返済額は各消費者金融によって借入残高に応じて返済額が決められています。

通常例1例2例3
毎月の返済額13,000円23,000円28,000円33,000円
返済回数58回27回21回18回
総返済額746,160円608,112円585,174円570,512円
利息負担246,160円108,112円85,174円70,512円

 

ケース2)借入残高100万円

ケース2)借入残高:100万円

例1例2例3
借入残高100万円100万円100万円
金利15%15%15%
毎月繰上返済額1万円1.5万円2万円

 

返済シミュレーション

100万円を借りると、毎月の通常返済額は26,000円です。

この毎月の返済額は各消費者金融によって借入残高に応じて返済額が決められています。

通常例1例2例3
毎月の返済額26,000円36,000円41,000円46,000円
返済回数53回35回30回26回
総返済額1,371,743円1,236,062円1,200,306円1,174,247円
利息負担371,743円236,062円200,306円174,247円

 

ケース3)借入残高150万円

ケース3)借入残高:150万円

例1例2例3
借入残高150万円150万円150万円
金利15%15%15%
毎月繰上返済額1万円1.5万円2万円

 

返済シミュレーション

150万円を借りると、毎月の通常返済額は30,000円です。

この毎月の返済額は各消費者金融によって借入残高に応じて返済額が決められています。

通常例1例2例3
毎月の返済額30,000円40,000円45,000円50,000円
返済回数79回51回44回38回
総返済額2,368,611円2,036,686円1,952,528円1,891,756円
利息負担868,611円536,686円452,528円391,756円

 

なぜ繰上返済をすると利息負担が全然違うの?

シミュレーションを見ていただくと通常に返済していくのと、毎月上乗せで繰上返済するのでは返済回数も利息負担も全然違う結果になりました。

数十万円単位で利息負担が違ってくるという結果でした。

1万円上乗せするだけでかなり利息負担が減ることがわかりましたね。

ではなぜこんなに違うのか、それは金利が高いからこそ返済開始当初の利息負担がかなり違うからです。

わかりやすいように、金額の大きい「ケース3」の通常返済と、例3の返済シミュレーションの返済開始5回分を確認してみましょう。

通常返済の場合:毎月の返済額30,000円

回数返済額元金利息残高
130,00011,250円18,750円1,488,750円
230,00011,391円18,609円1,477,359円
330,00011,534円18,466円1,465,825円
430,00011,678円18,322円1,454,147円
530,00011,824円18,176円1,442,323円

 

例3の場合:毎月の返済額50,000円

回数返済額元金利息残高
150,00031,250円18,750円1,468,750円
250,00031,641円18,359円1,437,109円
350,00032,037円17,963円1,405,072円
450,00032,437円17,563円1,372,635円
550,00032,843円17,157円1,339,792円

上記のことからも、通常の定められた返済額で返済すると、返済開始当初は半分以上が利息負担となってしまうのです。

毎月2万円、返済額を増やすと返済5回目には借金残高が102,531円も違ってきます

その理由として、利息の計算方法が、

利息=借入残高×利率÷365日×借入日数

となっているため、返済額に関わらず利息は同じだからです。

 

まとめ:少額でも良いので通常返済に上乗せして返済しよう

このシミュレーションの結果からも毎月少額でも良いので追加で返済するように心掛けましょう。

仮に追加で返済する分を投資信託で運用してもこの利息負担をカバーするほどの運用成績を得ることは現実的ではありません。

追加で返済することは、一番の資産運用の1つとして捉えても良いのではないでしょうか。

 

では最後までお読みいただきありがとうございます!

 

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-返済に関する知識
-, , , , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.