カードローン,良い使い方,悪い使い方

借金の基礎知識

カードローンの正しい使い方と悪い使い方を徹底比較しよう

カードローンは契約しておくとお金が必要な時にすぐにお金が借りられるとても便利なカードです。

借入先によっては申込みをして当日借りる事ができるため使い勝手も良いですし、決して借入する事が全て悪い事ではなく良い借入もあります。

カードローンは使い勝手が良いからこそ使い方を誤ると大きな悪影響を与えてしまうものであり、

この記事で正しい使い方と悪い使い方を知り、良い使い方を実践しましょう。

 

カードローンの使い道は何が多い?

カードローンの正しい使い方と悪い使い方

まずは実際にカードローンを利用している方の利用目的を確認しましょう。

こちらの一般社団法人全国銀行協会によると、利用目的の多い順として、

順位利用目的割合
1位日常的な支出の補填13.7%
2位趣味・娯楽費のため12.3%
3位給与・賞与前の一時的な
資金不足の補填
10.3%
4位収入が減少したため10.2%
5位冠婚葬祭・医療費など急に
多額の支出が発生したため
10.0%
6位パチンコなどギャンブルのため6.1%
7位クレカの引き落とし負担の軽減5.9%
7位現在の生活レベルの維持のため5.9%
9位学費・教育費の負担軽減5.2%
10位住宅ローン等の返済負担軽減5.0%






このような結果でした。

このように上位には、日常的な事で利用したりしている傾向があり、恒常的にカードローンを利用している様子も伺えます。

 

カードローン利用者の2/3は複数回利用している

こちらの株式会社タンタカが運営しているメディアの調査によると、カードローンの利用回数は、

1回32.0%
2回18.6%
3回10.0%
4回3.0%
5回6.2%
6回1.6%
7回0.4%
8回0.2%
9回0.4%
10回以上27.6%

なんと、10回以上も利用している方が27.6%もいるという結果です。

つまりは一度利用すると簡単にATMで引き出しできることから、再度借入をしてしまう条件なのかと思います。

だからこそ恒常的に生活費の補填として利用したりしている可能性は高いのかと思います。

 

カードローンの正しい使い方、悪い使い方を理解しておきましょう

では今までの統計を踏まえて、カードローンの正しい使い方を知っておきましょう。

決して借入する事が全て悪い事ではありません。

正しく利用する事でカードローンは強い味方となるため、カードローンを味方にするようにしましょう。

 

カードローンの正しい使い方とは

ではカードローンの正しい使い方を解説します。

  • 緊急時の支出の補填として
  • なるべく短期間の借入
  • 繰上げ返済をする
  • 返済するお金は給料で返済できる範囲の金額
  • 返済時に手数料がかからない方法

カードローンの良い使い方

 

緊急時の支出の補填として

突発的に支出が増加した時に緊急的にのみ利用するようにしてください。

上述の通り、一度利用すると複数回利用する傾向にあるため、恒常的に借りてしまうと借金癖がつきやすいです。

また、カードローンの金利はとても高いため、頻繁に利用すると金利の総額はとても高い金額になってしまいます。

 

なるべく短期間の借入

カードローンの金利はとても高いです。

期間が長いほど金利負担は大きくなります

そのため、極力少額の金額で借りて、早期に完済できる範囲の利用に留めましょう。

 

繰上げ返済をする

上記の通り、金利がとても高いため返済期間はなるべく短くする事が大切です。

そのため、少しでも早く完済するためには繰上げで返済をしていくことをおすすめします。

繰上げ返済する事がどのくらいお得になるのかのシミュレーションはこちらで詳しく書いています。

カードローン,ローン,借金,借入,繰上,繰上返済,返済,一部返済,一部繰上,お得,メリット,どのくらい
カードローンの繰上げ返済はどのくらいお得?実際のシミュレーションで確認しましょう!

カードローンを利用している方でなかなか借入残高が減らないと感じたことはありませんか? 金利が高く、毎月の返済額も少額なケースが多いため、返済の多くが利息で元金の返済はあまり進んでいない可能性があります ...

続きを見る

 

返済するお金は給料で返済できる範囲の金額

利用目的の中の3位に、給料や賞与の前借りとして利用している理由がありました。

正しくカードローンを返済するなら、毎月の給料の余剰分から返済できる金額にしてください。

これから入る収入を充てにしてお金を借りるということは基本的は毎月の収支が合っていない可能性があるため、

支出の見直しも必要な可能性があります。

 

返済時に手数料がかからない方法

上記でもなるべく早く完済するためにも繰上げ返済することをお伝えしました。

そして返済方法によってはATM手数料などがかかる場合があります。

毎月少額ずつでも手数料で220円などがかかってしまうと、積み重なっていき手数料負担もばかになりません。

無料で繰上げ返済ができるところで借りるようにしましょう。

 

カードローンの悪い使い方とは

では続いて良くない借り方を解説していきます。

  • 娯楽費、ギャンブルのために借りる
  • 借りられるだけ借りる
  • 学費などの目的があることに対して借りる
  • 長期間借りる
  • 生活費の補填のために借りる

カードローン悪い使い方

 

娯楽費、ギャンブルのために借りる

娯楽費、ギャンブルのために借入することは良くありません。

娯楽費やギャンブルはあくまで収入の余剰資金でのみ利用するようにしましょう。

 

借りられるだけ借りる

カードローンは金利が高いです。

お金の不安があるから借りられるうちに借りられるだけ借りておこうということは辞めましょう。

金利負担がかなり高いため、必要最小限のみ利用して、借りたらなるべく早く完済するようにしましょう。

 

学費などの目的があることに対して借りる

学費やブライダル、マイカーローンなどお金の利用目的が決まっている場合は、目的別のローンを利用しましょう。

金利が圧倒的に違います。

もしも、目的別ローンが否決となってしまって、教育費などどうしてもお金が必要な場合は仕方ありませんが、極力少額に抑えましょう。

 

長期間借りる

これは上述の金利負担の問題と同じで、カードローンは繰上げ返済をしないで通常の返済額で返済していくと、完済までの期間が長くなってしまいます。

そのため、なるべく毎月少額でも良いので追加で繰上げ返済するようにしましょう。

 

生活費の補填のために借りる

急な支出の増加で緊急的に利用する分には良いですが、恒常的に生活費の補填として借りることは辞めましょう。

仮に収入が減ってしまった場合は、生活水準を落としたり支出を見直す必要があります。

そのため、カードローンを利用するよりも支出を見直すようにしましょう。

 

まとめ:カードローンは正しい使い方をすれば強い味方となる

今回の記事ではカードローンの使い方の良い使い方、悪い使い方を解説しました。

カードローンはメリットとデメリットが多くあることから良い、悪いを正しく理解して利用するようにしましょう。

なお、カードローンでおすすめなのは「プロミス」です。

プロミスは、上記の良い使い方の繰上げ返済を気軽にできて、かつ無料でいつでも返済できます。

使い勝手が非常に優れているカードローンなため、どこで借りるか悩んでいる方はプロミスを検討してみてください。

プロミスに申し込む

また、プロミスの詳細についてより知りたい方はこちらからご確認できます。

プロミスの詳細はこちら

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-借金の基礎知識
-, , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.