高齢者でもお金を借りる方法

おすすめカードローン モビット 即時借入する方法

高齢者が消費者金融から借りるためにはどうする?おすすめのカードローンも紹介します!

人生100年時代と言われる現代ですが、お金を借りる手段は以前と変わっておりません。

銀行カードローンを筆頭に、65歳が借入年齢の限度のカードローンが多いです。

カードローンを含めて高齢者が借りられる選択肢がいくつかあるので、紹介します!

 

高齢者がお金を借りるときの選択肢を紹介

高齢者でもお金を借りる

  • カードローンで借りる
  • リバースモーゲージローンを使う
  • 公的融資制度を利用する

高齢者がお金を借りるためには、上記の3つの選択肢があります。

 

カードローンで借りる

カードローンは一番手軽で簡単に借りられるローンの一つです。

高齢者がカードローンを利用している人はどのくらいいるのかというと、大体全体の15%くらいです。

金融庁貸金業利用者に関する調査・研究

 

日本は高齢者の割合が多いとはいえ、15%はすごい数字ですよね。

そんな高齢者の方におすすめのカードローンを紹介したいと思います。

 

おすすめカードローンはSMBCモビット

モビットの年齢条件は満20〜69歳です。

アルバイトなどでも良いので安定した収入があることが条件となります。

プロミスやアイフルも年齢制限自体はモビットと同じですが、モビットにはそれでも他の消費者金融に勝る強みがあります。

 

それは「在籍確認がない」ことです。

消費者金融で在籍確認がないのはかなり画期的です。

在籍確認とは、記載した勤務先が本当に間違っていないかどうか、金融機関から職場に電話がかかってくることを言います。

 

もちろん「SMBCモビットです!」とは名乗らず、偽名を使って「鈴木ですが、遠藤さんいますか?」のように在籍を確認します。

普段電話がかかってくる営業職などであれば問題ないかと思いますが、外部から全く電話がかかってこないような職種の方だと、怪しまれてしまうかもしれません。

特にフリーターの方だと、電話がかかってこないような職種についている方が多いような気がします。

電話が来ることで気まずい雰囲気になってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな厄介な在籍確認がSMBCモビットにはありません。

プロミスやアコムにすら在籍確認はあるので、めちゃくちゃ大きなメリットですね!

 

詳細はこちらで!→「SMBCモビットの口コミを検証!申し込み方法・審査内容を解説します!

 

銀行系カードローンなら三井住友銀行カードローン

銀行系カードローンの年齢制限は消費者金融のカードローンよりも低めとなっています。

みずほ銀行カードローンは66歳未満、三菱UFJ銀行カードローンは65歳未満です。

ところが三井住友銀行カードローンだけは、他消費者金融と同じく満69歳まで借りることができます

継続して借入をし続けることができるカードローンは最初の審査が重要です。

 

例えば63歳でお金を借りたいと思ったときに、どのカードローンも審査対象ではありますが、その後も借り続けることを考えたときに三井住友カードローンを利用した方が良いということです。

66歳になったときに三菱UFJカードローンが利用できなくなり、新しく三井住友銀行カードローンの審査を受けるのはハードルが高いです。

 

慎重にカードローンを選びましょう!

 

リバースモーゲージローンを使う

リバースモーゲージ高齢者でも借りられる融資です。

自宅を担保にしてお金を借り亡くなった際に自宅を売却して融資金額と相殺するというローンです。

毎月の返済も発生しないですし、自宅にも住み続けることができるため、高齢者向けのローンですね!

 

特に子供世代が別に自宅を持っていて、家を相続で残さなくてもいい場合など便利ですね!

子供が自宅を持っていた場合、無駄に相続税が発生してしまうことを防ぐこともできます

自宅を担保にするため融資金額も大きく、そのまま老後資金として利用できることも強みと言えます。

自宅を持っている方はリバースモーゲージを利用してみてもいいかもしれません!

 

公的融資制度を利用する

年金受給者でも借りられる資金調達方法で、年金担保融資・老年年金担保貸付があります。

つまり、国民年金・厚生年金保険・労働者災害補償保険などの年金を担保として、お金を借りることができます。

 

ただし、資金使途制限があり、医療や介護、住宅修繕関係、冠婚葬祭、生活必需品の購入に限られます。

 

年金関係を担保にするため、あまりお勧めできません。

アルバイトなどで収入を得てから、カードローンでお金を借りることをおすすめします。

 

高齢者でも借りられるという闇金に注意!!

高齢者がお金を借りようとするとなかなか審査に通らないということがあります。

そんなときに名前も知らない消費者金融の審査が通ったりすることがあります

しかし、まずその業者が闇金ではなく正規の業者かどうかを疑ってください。

 

闇金かどうかの見分け方法を紹介します!

 

日本貸金業協会で業者名を調べる

まずは日本貸金業協会の公式サイトで業者を調べましょう。

しっかりとした消費者金融であれば、ここに名前があります。

公式ホームページにも登録番号が載っているはずなので、しっかりと確認をしましょう!

 

許可が下りた後の年数を確認する

金融業者の登録番号の後ろについているカッコで囲んだ数字が、登録年数となります。
3年で1つ増えます。

この数字が少ないと登録後、間もないという意味になります。

ここが1の場合は注意が必要になります。

ヤミ金とは限りませんが、一つの判断の指標にしてください。

 

初めの融資可能額が高額である

例えば「即日200万円借入可能!」という宣伝文句があったとします。
一般常識で考えて、即日審査もろくにせずにそんな高額な資金を貸すでしょうか?

基本的に優良な消費者金融というのは、そのような高額融資を即日で行うことはありません。
10万円台の小口融資を積極的に行います。

数百万円の融資を簡単に行うということは、その分取り立てに積極的ということです。
違法な手段で取り立てを行う可能性が高いです。

 

まとめ

今回は高齢者がお金を借りるためにはどうすればいいかを紹介してきました!

安定する収入(アルバイトなど)があることが前提になりますが、まずはSMBCモビットに申し込みをしてみましょう!

リバースモーゲージや年金担保融資など、担保が必要なものに関しては、その後の選択肢としてとっておくのが良いです。

 

モビット申し込みは下記からどうぞ!

モビット公式サイト

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.

金融博士

元銀行員の金融博士です。 入社後10年以上にわたり、個人や法人に対して借入・貯蓄の提案をしてきました。 今はWEBコンサルタントとして企業の売上アップの為に奔走しています。 借金に悩んでいる人、これから貯蓄をしていきたい人に自分の知識を伝えたるために、金塊王子と借金問題解決アカデミーを設立。 お金の悩みはここで解決していってください!

-おすすめカードローン, モビット, 即時借入する方法
-,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.