モビット,主婦

おすすめカードローン モビット

SMBCモビットは専業主婦/主夫でも借りられる?申し込みの条件と特徴を解説します!

主婦の方、夫に内緒でお金を借りたいときがあると思います。

主夫の方も同様です。

しかし、ほとんどの消費者金融機関では、専業主婦の方では借入することはできません。

それではモビットではどうでしょうか?

詳しくみていきましょう!

 

SMBCの詳細、申し込み方法に関しては「SMBCモビットの検証・申し込み方法と審査内容の解説!」をご覧ください!

 

専業主婦ではお金を借りることはできない

結論から言うと、SMBCモビットで専業主婦の方がお金を借りることはできません。

 

公式サイトのFAQには、「申込条件は、年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)です。」と書かれています。

SMBCモビット公式サイトFAQ

 

どうとでも捉えることができる言葉のようにも見えます。

しかし、なぜ専業主婦がお金を借りることができないのか、理由をあげてみます。

 

総量規制による制限がある

総量規制とは、消費者金融から借りられる総額は、年収の3分の1までですよと定められた貸金業法という法律の中の一つです。

 

わかりやすく図解するとこんな感じです。

総量規制とは年収の1/3までしか借りられない法律のこと

 

消費者が借金まみれにならないよう、しっかり返済できる額しか借りられないようにする法律なので、言わば我々を守ってくれているとも言えます。

 

しかし、専業主婦の場合は年収がそもそもないので、総量規制で考えると借りられる額は0円となってしまうのです。

収入が0ならば、その3分の1も0ですからね。

 

SMBCモビットから専業主婦が借りられない理由は、実は法律にあったのです。

 

貸金業法について

 

収入があれば主婦でも借入可能

先ほど”専業”主婦ではお金を借りることができないと説明しました。

ただし、アルバイトやパートで収入があれば別です。

「申込条件は、年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)です。」

と書いてありますが、定期収入の基準は曖昧です。

収入証明書(給与明細)が提出できるのであれば、アルバイトでもパートでも借入ができてしまうのです。

モビットからすると、主婦だから問題なのではなく返済できるだけの収入がないことが問題だったと言うわけです。

 

もちろん収入をもとに審査が行われる以上、借入額は収入金額に左右されます。

 

配偶者貸付という制度がある

これは余談です。

SMBCモビットにはないのですが、貸金業法の例外処置である配偶者貸付という制度があります。

収入が少ない既婚の方が消費者金融を利用したいという場合に役立つのが、この制度です。

 

配偶者貸付に対応している消費者金融では、借入を希望している方の年収に配偶者の年収を加えた額の3分の1までなら借入ができます。

つまり専業主婦で年収が0だとしても、配偶者の年収が300万円であれば、100万円の借入まではできるわけです。

 

しかし、基本的に大手消費者金融は配偶者貸付を採用していません。

どうしても貸倒のリスクがあるので、顧客の獲得ができている大手が採用するメリットはあまりありません。

どうしても配偶者貸付を利用したい場合は、中小消費者金融のカードローンを利用しましょう!

 

主婦がモビットで借入をするために気をつけること

収入が全くない専業主婦の方は借入をすることができないのですが、アルバイトやパートをしており収入のある主婦の方であれば、貸付対象になります。

しかしアルバイトやパートは必ずしも安定した収入があるとは限りません。

 

モビットで借りたいという場合は気をつけて欲しいことがあるので紹介します。

 

3ヶ月間収入を安定させる

SMBCモビットの公式サイトFAQにある通り、借入するためには安定した収入が必要です。

安定しているというのは毎月の収入が一定であるという意味です。

3ヶ月間は同じ周期でシフトに入り、収入を安定させましょう。

簡単に言ってしまうと、借入するために給与明細を提出するので、見栄えをよくしようというわけです。

3ヶ月の給与から年収を計算し、申し込み額を決めてください。

多くの金額を借りることはできないと思いますが、少なくとも3ヶ月安定させることで借入できる確率はかなり上がります

 

携帯電話の分割払いやクレジットカードの支払いをしっかりする

あまり意識しないかもしれませんが、携帯電話の本体料金の分割支払いやクレジットカードの支払いも「借金」なのです。

特に携帯電話の本体料金に関しては、携帯電話の利用料金と一緒に引き落とされるため、借金という感覚はないと思います。

本来は最初に払わなければならないのですが、最近のスマホは高いので本体料金と同じ分を借入して、分割で返済するという商品なのです。

 

クレジットカードも同じです。

買い物をした分、クレジットカード会社から一時的に借金をして、支払日に一括で返済するという商品です。

 

携帯電話の本体料金も、クレジットカードの支払いも遅れた時点で「借金返済の延滞」という扱いになります。

これが3ヶ月続くと信用情報に傷がつきます。

いわゆるブラックリストに載った状態になるのです。

 

ブラックリストに載ってしまうとその後5年間は借入ができなくなります。

普段気にしない部分であるからこそ、いざというときのためにしっかり意識して支払いをおこなってください!

 

まとめ

今回は専業主婦でもモビットでお金を借りられるのかどうかを解説してきました。

残念ながら収入がないとモビットでは借りられません。

 

ただし、アルバイトやパートをしており収入があれば、金額は少ないですが借りられるということもわかってもらえたかと思います。

収入がある主婦の方は下のボタンから申し込みをしてみてください!

モビットで申し込む

 

The following two tabs change content below.

金融博士

元銀行員の金融博士です。 入社後10年以上にわたり、個人や法人に対して借入・貯蓄の提案をしてきました。 今はWEBコンサルタントとして企業の売上アップの為に奔走しています。 借金に悩んでいる人、これから貯蓄をしていきたい人に自分の知識を伝えたるために、金塊王子と借金問題解決アカデミーを設立。 お金の悩みはここで解決していってください!

-おすすめカードローン, モビット
-,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.