カードローンで借金一本化

おすすめカードローン モビット

カードローンでも借り換えは利用できる?おまとめローンとの違いを解説します。

複数社から借入をしている場合、借り換えローンというもので借金を一本にまとめることで、月々の返済額や利息を少なくすることができるようになります。

借り換えローンという商品もありますし、カードローンでも代用はできます。

今回は目的別で、それぞれのメリットデメリットを解説します!

 

おまとめローンとは

まずはおまとめローンとはどのようなものなのかを解説します。

おまとめローンとは
新たに、現在抱えている借金の総額を「新たに」借入をして、複数の借入を全て返済することによって、毎月の返済額を軽減し、確実に返済できる状態にするというものです。

金利返済額など、融通が利く場合が多いです。

わかりやすく図にしてみましょう。

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,悪い,相談,貯金,預金,クレジットカード,借換,借り換え,ぽちスマくん,融資,申し込み,スマホ,一本化,例

 

 

メリットとしては下記の3つがあげられます。

 

このようにおまとめローンという商品を利用することで、返済額や利息の現象など、大きなメリットを得られる可能性があります。

 

通常のカードローンで借入を一本化する

おまとめローンという商品が借金の一本化用にありますが、通常のカードローンでも一本化は可能なんでしょうか?

実はデメリットが多く存在するので、ここではデメリットを中心に解説していきます。

 

主に下記2つです。

  • 基本的に借り換えには対応していない
  • 総量規制に引っかかる可能性あり

 

基本的に借り換えに対応していない

対応していないということは、複数の借入がある時点で、審査の難易度が上がります。

基本的に返済能力があるかどうかという観点から審査がおこなわれます。

 

つまり、既に複数の金融機関に返済をしていることで、返済能力が低いと判断されてしまう可能性があります。

おまとめローンは、借りたお金で他全ての借入を返済することが必須となっているため、通常のカードローンよりも借りやすいのが特徴です。

 

総量規制に引っかかる可能性がある

総量規制とは、消費者金融から借りられる総額は、年収の3分の1までですよと定められた貸金業法という法律の中の一つです。

 

わかりやすく図解するとこんな感じです。

総量規制とは年収の1/3までしか借りられない法律のこと

 

消費者が借金まみれにならないよう、しっかり返済できる額しか借りられないようにする法律なので、言わば我々を守ってくれているとも言えます。

貸金業法について

 

複数の金融機関から既に借入している状態で、その全てを借り換えるために新たにお金を借りることで、現時点での借入の2倍の借入額の借金を一時的に負うことになります。

それが年収の3分の1を越えなければ問題ないのですが、超えてしまった場合は問答無用で審査否決となります。

 

おまとめローンであれば総量規制は関係ありません。

 

結論:借金の一本化はおまとめローンで

通常のカードローンは借金の借入には向いていないことがわかっていただけたかと思います。

コールセンターへ電話をかけ、借入目的が借金の一本化だと伝えることで対応してくれる場合もありますが、その消費者金融におまとめローンに対応している商品がない場合は望みが薄いでしょう。

 

それだけでなく、おまとめローンを利用することで、メリットも多くあります。

先述したものも含まれますが、下記が主なメリットになります。

 

  • 月々の返済額を軽減することができる
  • 金利が低くなる場合がある
  • 総量規制の対象外
  • 返済管理が楽になる

 

おすすめのおまとめローン

借金をまとめたいと考えている方には、「プロミス」をおすすめしています。

プロミス,おまとめローン

 

プロミスのメリット、デメリットを理解し、借金の一本化をしたいという方は申し込みをおこなってください。

 

プロミスのメリット

  • 審査完了までが早い
  • 返済期間が長い
  • 審査承認率が高い

 

審査完了までが早い

審査完了までは早くて30分で完了します。

特に銀行などのフリーローンなどは、審査回答まで早くて1営業日必要になってきますので、プロミスの早さがわかってもらえると思います。

 

返済期間が長い

プロミスでは最長10年返済が可能です。

そのため、月々の総返済額の見直しをして毎月の資金繰りを改善することも可能です。

 

審査承認率が高い

アイフルやモビットなどの大手消費者金融と比べると、審査承認率が高めに設定されています。

アイフル、モビットは承認率40%程度に対して、プロミスは45%程度です。

 

プロミスのデメリット

  • 大手消費者金融であり、中小の承認率よりは低め

大手消費者金融であり、中小の承認率よりは低め

プロミスの承認率は45%程度ですが、中小規模の消費者金融は差別化を図るために若干承認率が高めに設定されています。

 

大手で落ちたけど、中小の消費者金融では通ったという口コミもあります。

ただし無名な企業に申し込みをすると”自己破産を勧められた”などの意見もあるため注意しましょう。

 

プロミスの詳細は下記からどうぞ!

プロミスで即日借入!申し込み方法を解説!口コミをもとに評判を検証!

 

まとめ

今回は通常のカードローンでおまとめローンの代用ができるのか解説していました。

借金の一本化をするには、おまとめローン専用商品を使うのがおすすめです!

 

おすすめはプロミスです!

プロミスで即日借入!申し込み方法を解説!口コミをもとに評判を検証!

 

通常のカードローンはSMBCモビットがおすすめです!

SMBCモビットの口コミを検証!申し込み方法・審査内容を解説します!

 

The following two tabs change content below.

金融博士

元銀行員の金融博士です。 入社後10年以上にわたり、個人や法人に対して借入・貯蓄の提案をしてきました。 今はWEBコンサルタントとして企業の売上アップの為に奔走しています。 借金に悩んでいる人、これから貯蓄をしていきたい人に自分の知識を伝えたるために、金塊王子と借金問題解決アカデミーを設立。 お金の悩みはここで解決していってください!

-おすすめカードローン, モビット
-,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.