モビット,一度,申し込み

おすすめカードローン モビット

SMBCモビットで一度申し込みしていて2回目の審査は可能?注意点を解説

SMBCモビットで一度申し込みをして利用しないから解約をしたけど、再度お金が必要になった。

というケースもあるのではないでしょうか。

 

他の消費者金融もですが、同じところで再度申し込みは可能なのか気になりますよね。

この記事では、

  • SMBCモビットで再度申し込みは可能?
  • 再度申し込みする際の注意点とは
  • 審査の承認に影響はあるの?

など、SMBCモビットなどの消費者金融で、2度目の申し込みに関しての注意点を元銀行員が徹底解説します。

 

SMBCモビットで一度申し込みをしていても再度の申し込みは可能

SMBCモビットは過去に申し込みがあっても、再度の申し込みは可能です。

審査の可否は申し込み時点での年収など属性によって判断されるため、過去に審査落ちした場合でも通る可能性はあります。

 

ただし、直近で申し込みをして否決だった場合は、年収が変わったり前回の申し込み時と状況が変化しない限り結果は同じです。

 

1回目の申し込みが否決だった場合は半年〜1年程度は間を空けよう

もしも1回申し込みをした場合は、半年〜1年程度期間を空けるべきです。

なぜならモビットのシステム内部では過去の申し込み内容のデータは残っています。

 

そのため、属性の変化がない限り結果は同じです。

そして2回目も否決だと他社などでも印象が悪くなるため、年収が上がる、信用情報を回復したなどの状況変化があってから申し込みしましょう。

 

一度利用していて、再度申し込みする際も審査が通るとは限らない

もしも過去に利用していて、利用しなくなったから解約したけど、再度お金が必要になった、、という方もいるでしょう。

しかし、再度の申し込みは申し込み時点での状況内容で審査します。

 

過去よりも年収が下がっている、他のクレジットカードなどで延滞してしまったなどがあると、2回目は否決になる可能性があることに注意しましょう。

 

1回目の審査が否決だった場合は原因を考える

2回目申し込みをする場合は、審査が否決だった原因を改善して申し込みをする必要があります。

万が一他の消費者金融を利用する場合も、チェックポイントは基本的に同じです。

 

そして否決した時、理由は決して教えてくれないため、可能性を自分で考える必要があります。

 

そこで、一般的な審査のチェックするポイントとして、

  • 年収(直近数ヶ月の月収)
  • 信用情報
    (直近24ヶ月の延滞履歴、他社の借入状況など)
  • 家族構成
  • 勤続年数
  • その他

などがあります。

 

これらにおいて可能性のあることを自分と照らし合わせてみましょう。

否決する原因の多くが、

  • 年収に対して総借入額(既に借りている金額+申し込み額)が多い
  • 直近24ヶ月に延滞履歴がある
  • 他社の借入が多い
    (利用していないカードローンやクレカのキャッシング枠も含む)

などがあります。

 

前回の審査時よりも信用を貯めて申し込みをしよう

消費者金融で重要視しているのが、「信用」です。

まず直近で延滞していたら、なるべく延滞履歴が信用情報から消えるまで我慢しましょう。

 

延滞は他社の借入、クレカの引き落とし、スマホの端末分割代などがあります。

また、過去に契約して忘れていたカードローンがあるケースもあります。

 

基本的にカードローンは問題が生じない限り、解約しない限り契約は続きます。

そのため、他社などで10年前とかに契約していたカードローン枠が残っている可能性もあり、利用していなくても枠があることで審査にはマイナス要因です。

 

これを知るにはご自身で信用情報を取得する必要があります。

自分で、

  • CIC
  • JICC
  • KSC

の3社で信用情報を取得することで、モビットが確認する信用情報と同じ情報を見ることができます。

 

早期にお金が必要な場合は、モビット申し込みから2ヶ月以降に他で申し込みをする

モビット,申し込み

 

なるべく早めに契約をしておきたいけど、直近で申し込みをしてしまった、、という方は、2ヶ月我慢しましょう。

なぜなら申し込み履歴は2ヶ月で消えます。

 

そのため、他社で申し込みをする場合でも2ヶ月は待たないと、直近でモビットで否決になっていることがバレて否決される可能性が高まります。

そして3回目、違うところで申し込みをすると2社否決だったため審査に通る確率は非常に低くなります。

 

そのため2ヶ月の間に、

  • 延滞はしない
  • 消費者金融には源泉徴収ではなく直近の給与明細で良いため、月収を増やす(残業代や副業など)
  • クレカのキャッシング枠などがあり、利用しない場合は解約する

などの対策をしておきましょう。

 

2ヶ月待てない場合は、中小規模の消費者金融を利用する

すぐにお金が必要という状況もあるかと思います。

この時は、中小規模の消費者金融を利用しましょう。

 

なぜなら消費者金融は大手であり、申し込み件数も多いことから審査の承認率を40%〜45%程度に推移するようにしています。

だからこそ中小規模の消費者金融は大手よりも「審査の承認基準」を下げないと顧客を獲得できないため、審査が若干緩くなります。

 

もしも、すぐにお金が必要な場合は、なるべく中小の消費者金融を利用して少しでも審査が通りやすくするようにしましょう。

 

元銀行員としておすすめな消費者金融は下記の、

カードローンで審査が通りやすい、緩い消費者金融はどこ?一時的な借入は即日融資可能なカードローンで!!

で解説している”セントラルカードローン”がおすすめです。

 

まとめ:SMBCモビットで一度申し込みしていて2回目の審査は可能。しかし注意点を事前に理解しよう

今回は、モビットなどの消費者金融で2回目の審査は可能か、注意点に関して解説しました。

2回目でも審査をすることは可能です。

 

しかし、

  • 審査時の状況で審査が行われる
  • 過去に落ちたことがある場合は原因を自分で探す必要がある
  • なるべく2ヶ月以内に再度申し込みをしない
  • もしも至急必要な場合は、中小規模の消費者ローンを検討する

などを理解する必要があります。

 

なお、SMBCモビットの詳細に関しては下記で解説しています。

SMBCモビットを検証
SMBCモビットの口コミを検証!申し込み方法・審査内容を解説します!

SMBCモビットとはどんなカードローンなのでしょうか? SMBCは聞いたことありますよね? 三井住友銀行のグループのことです!   SMBCモビットは即日借入ができ、提携ATMならどこでも借 ...

続きを見る

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。

-おすすめカードローン, モビット
-, ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.