消費者金融,メリット,デメリット

借金の基本情報 借金に関する情報

消費者金融のメリット、デメリットは何がある?借入するなら理解してから申込みましょう!

どうしてもお金が必要なときってありますよね。

そのようなときに、銀行系、信販・クレジットカード会社、消費者金融などでお金を借りるなどの選択肢がありますが、

消費者金融にはどのようなメリットとデメリットは何があるのだろうか

 

この記事では、

「消費者金融」のメリット、デメリットについて解説していきます。

あなたの状況に合う場合は、銀行系ではなく消費者金融を利用するべき可能性もあります。

元銀行員として徹底解説していきます!

 

消費者金融とはどういう会社があるの?

有名な会社でいうと、

大手消費者金融

  • アイフル
  • アコム
  • モビット
  • レイク
  • プロミス

などが大手の消費者金融と位置付けられています。

 

中小の消費者金融

  • フタバ
  • セントラル
  • 中央リテール
  • その他1,700社以上が登録されています

このように、日本国内で貸金業者として登録されている会社はたくさん存在しております。

だからこそ名前だけではきちんとした金融会社かどうか判断できないため、「こちらの金融庁:登録貸金業者情報検索サービス」登録されているのかどうかを確認しましょう。

 

消費者金融のメリット、デメリットを理解しよう

消費者金融,メリット,デメリット

 

消費者金融とは個人に向けて融資をしているローン会社であり、貸金業法という法律に則り運営しています。

貸金業法に従って金利の上限も定めていますので、安心してご利用できます。

 

そのため、審査もせずに法外な金利を取る、いわゆるヤミ金と消費者金融は全くの別です。

消費者金融の会社は必ず貸金業法に従っていますので、内閣総理大臣(財務局)もしくは、都道府県知事の認定を受けています。

 

もしも利用する先が聞いたことがない中小の消費者金融会社の場合は、必ず貸金業者として登録されているか先程の「金融庁:登録貸金業者情報検索サービス」から確認して下さい。

登録するには金融庁の調査などを通過した会社であり、聞いたことがない社名でもきちんとした企業です。

 

消費者金融のメリットは?

消費者金融を利用する場合のメリットをチェックしておきましょう。

  1. 審査のスピードが早い。即日借入も可能。
  2. 担保や保証人が不要
  3. 返済の自由性が高い
  4. 審査が緩い傾向にある

 

メリット①:審査のスピードが早い。即日借入も可能。

消費者金融ならではのメリットです。

即日融資に対応しているところもあり、平日で概ね14時ごろまでに申込みをすると即時審査が行われて、当日借入できる可能性があります。

 

今日、明日にどうしてもお金が必要な場合は、消費者金融で借入する必要があります。

 

メリット②:担保や保証人が不要

基本的に担保や保証人は求められません。

どこかの保証会社を通すこともないので、保証料が発生したりすることもありません。

 

また、追加で保証人を求められることもありません。

 

メリット③:返済の自由性が高い

銀行系だと毎月の返済日、返済金額が当初の契約で定められており、それ以外で繰り上げで返済する場合は手数料がかかるケースも多いです。

しかし、消費者金融ではお金がある時は繰り上げでATMで返済することも可能です。

ローン会社によってはATM手数料も無料なところもあります。

 

また、30日間は無利息などのキャンペーンをやっていることもあります。

そして30日以内に全額返済すれば利息が発生せずに一時凌ぎをすることも可能です。

 

メリット④:審査が緩い傾向にある

一概には言えませんが、銀行系の審査で落ちても消費者金融で審査が通ったという声も聞きます。

また審査の承認率が銀行系よりも高い分、金利が高めに設定していることも金利が高い理由の1つです。

 

比較的、大手よりも中小規模のローン会社の方が審査が緩い傾向にあり、他で審査に落ちた場合は中小規模のローン会社に打診するのも良いでしょう。

 

消費者金融のデメリットは?

それでは消費者金融でのデメリットもチェックしておきましょう。

  1. 借入額に上限が設けられている(年収の1/3まで)
  2. 比較的金利が高い
  3. 消費者金融で借入するイメージが悪い
  4. 借金癖がつきやすい

 

デメリット①:借入額に上限が設けられている(年収の1/3まで)

これは消費者金融において「総量規制」といわれる法律が設定されており、年収の1/3までしか借りることができません。

どうしてもそれ以上の金額の借入が必要な場合は銀行系に借入の申込みをする必要があります。

 

しかし、年収の1/3以上の金額を借りるということは一般的に借入額は多いです。

その場合は借換などで追加の借入をしなくても済むように対応することをおすすめします。

 

デメリット②:比較的金利が高い

大手消費者金融の会社だと金利3.0%〜18.0%などと金利設定がされているケースが多いですが、

金利が3.0%になるには500万〜800万程度の借入をする必要があります。

借りる金額が多いほど金利は低くなります。

 

しかし、上記の総量規制により借入額は年収の1/3までです。

500万円借りるには最低でも年収1,500万円以上必要であり、低い金利で借りることはかなりハードルが高いのです。

基本的には金利は最低でも10%以上はかかると思った方が良いです。

 

デメリット③:消費者金融で借入するイメージが悪い

消費者金融とは昔はサラリーマン金融と呼ばれていました。

世間一般的には消費者金融で借入することに良いイメージを持っていない方もいます。

 

そのため家族にはバレたくないという方も多いかと思います。

もしも家族にバレたくない方は、

  • 郵送物がない
  • カードレス(スマホアプリで借入、返済可能)
  • 三井住友銀行ATMが無料
    (三井住友銀行のATMを利用していれば他人から借入しているとバレない)

これらが当てはまる「SMBCモビット」をおすすめします。

 

詳細は下記の、

SMBCモビットの口コミを検証!申し込み方法・審査内容を解説します!

で詳しく解説しています!

デメリット④:借金癖がつきやすい

借り方としてはカードローンとして「」を設定する借り方が多いです。

このように一度審査が通って枠を作っておくと、その金額までは自由に借入することができます。

 

ATMですぐに引き出せるメリットもありますが、複数回借入していくと借入している感覚が薄れてしまい、抵抗感が減ってしまいます。

緊急時しか利用しないと強く誓ってから申込む方が良いかと思います。

 

まとめ:消費者金融のメリットを上手に活用することで生活のお助けになるかも

今回は消費者金融に関してメリットとデメリットを解説しました。

どのような借り方としても一長一短あり、ご自身の状況を客観的に判断してどこで借入するのが得策か考えてから申込みしましょう。

 

借入先で迷っていたら、下記でランキング形式でまとめていますので、参考にしてみてください。

消費者金融おすすめ
【2021年10月最新】消費者金融おすすめ人気ランキング3選とは

お金を借りようか検討中の場合、少しでもお得に借りたいものですよね。 しかし、お金を借りる先の判断基準は金利だけでなく総合的に検討する必要があります。   それはなぜ借りるのか、理由によっても ...

続きを見る

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

The following two tabs change content below.

経済博士

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務力が得意。 自称「ファイナンスエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。

-借金の基本情報, 借金に関する情報
-, , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.