貯金,できない

貯蓄に関する情報

貯金ができない人が貯金ができるための3つの方法をFPが解説

貯金がなかなかできないなんてお悩みありませんか?

今月からは頑張ろうと思っても急な支出があって貯金できないと思った経験は多くの方があるかと思います。

 

この記事では、

  • 貯金をするための方法を知りたい
  • 貯金を無理なく継続するための具体的な行動が知りたい
  • 貯金を始めようと思っている

このような方に向けて、今月から貯金ができるようになる方法、行動をFPが解説します!

 

貯金ができている人の3つの行動とは?

貯金,できない

 

年収が同じでも貯金が出来ている人、出来ていない人両方ともいます。

それは収入の違いではなく、行動していることが違うからです。

 

貯金ができている人が行っている3つの行動とは、

  1. 家計簿をつけて自分の収支を把握している
  2. 給料が入ったら最初に貯金をしている
  3. 支出を身の丈に合わせている

これらの3つを意識するだけで、収入に関係なく貯金ができるようになります。

詳しく解説します!

 

その1:家計簿をつけて自分の収支を把握している

貯金を無意識にでも自然に貯まっている人は「収支」を把握しています。

あなたは自分の支出ってしっかり把握出来ていますでしょうか?

 

会社であれば資金繰り表は試算表を作成しているため、どのタイミングで資金ショートする可能性があるかは分かるかと思います。

 

では、個人ではどうでしょうか?

もしも把握出来ていない人は今すぐに家計簿アプリをダウンロードしましょう。

 

無料のアプリで十分です。

  • マネーフォワード
  • zaim

その他無料の家計簿アプリがありますが、基本的にシンプルかつ無料であればなんでも構いません。

アプリの機能よりも継続して記録する癖が重要です。

 

アプリをダウンロードしたら、

  • 支出した都度記録する
  • 科目と金額だけ入力でOK

 

この2点さえ気にすれば良いです。

 

週末にまとめて入力しようとすると継続できません。

また、入力が多いことも継続に繋がらないため、科目と金額だけで良いのです。

 

すると1ヶ月で、

  • 何に
  • いくら

使っているのかが明確になります。

 

人によっては固定費(家賃など)が高い可能性がありますし、飲み代など娯楽費が多いかもしれません。

これを見て支出を抑えるべき箇所を明確化するのです

 

その2:給料が入ったら最初に貯金をしている

貯金が出来ている人の多くは給料が入ったら最初に貯金をしています。

「給料が少ないから貯金出来ない」

「今月は出費が嵩んでしまって。。」

 

一番重要なことは給料が入ったら最初に「貯金分を差し引くこと」です。

 

生活費が余った分を貯金しようという人の多くの方は貯金出来ていません

もしも貯金分を差し引いたら生活費が捻出できない場合は、「必ず支出が一般的よりも多い項目がある」はずです。

 

その場合は、上記の通り、家計簿を見直すことで支出の多い箇所がすぐにわかります。

 

また、最初に貯金をするためにも「自動引き落とし」を利用しましょう。

貯金する方法は、

  • 銀行の定期積立
  • 投資信託(ETF)の積立
  • 金の積立
  • iDeCo

などリスクがないもの、あるものありますが貯金を始める最初であれば、まず癖をつけるためにも銀行の積立でも構いません。

 

毎月給料が入ったら最初に貯金に回しても生活できるように収支をコントロールしましょう。

 

その3:支出を身の丈に合わせている

貯金をするために重要なポイントの3つ目は「支出を身の丈に合わせている」ということ。

上記で家計簿はつけましょうとお話しました。

 

記録をつけていくと改めて、自分は毎月何にいくらを使っていたのかがハッキリと分かります。

家計簿で支出の内訳が分かったら、自分の支出の内訳は一般平均の支出に収まっているのかを見比べて下さい。

 

手取り20万円の方が家賃10万円のところに住んでいては、貯金は難しいでしょう。

もしかしたら保険にたくさん加入していて、保険貧乏な可能性もあります。

お酒好きな人で、交際費がとても多い方もいます。

 

しかし貯金をする為には、家計簿と見直して突出した項目は節約するよう心掛けましょう。

給料が入ったら毎月の娯楽費は”いくらまで”と決めて、先に現金でその分を除いておき、その現金内に収めるなども効果的です。

 

クレカを利用することはポイントが貯まり、有効的ですが支出管理ができなければ本末転倒なため、現金管理もアリです。

 

上記の3つを実践するだけで、貯金に対する「意識」が変わるため、お金が貯まるようになります

 

貯金ができないために、借金する人もいる

貯金,支出

 

会社員として働いていると同期であったり近い年代の先輩、後輩の給料は似たような金額の場合もあるかと思います。

 

たまにこの人は自分と同じくらいの収入なのに、よく飲み会に参加したりしてお金に余裕があるな〜なんて思ったことありませんか?

全員余裕があるわけではなく、もしかしたら借金している可能性もあります。

 

実際に借金を利用した経験がある人のデータを確認してみましょう。

 

一般消費者の借入利用経験者の割合

一般消費者(20代〜60代)の借入利用経験の割合(借入の種類別)

ローンの種類割合
銀行系
カードローン
13.7%
消費者金融10.3%
クレジット系
キャッシング等
17.0%
無登録者
(ヤミ金)
1.3%

引用元:全国銀行協会 「銀行カードローンに関する消費者意識調査」

 

このような調査結果であり、クレカのキャッシング機能は約6人に1人は利用したことがあるのです。

会社のフロアに6人いたら、一人は何かしらで消費者ローンの利用経験があるということです。

 

もしもあなたが現在借金がないとしても、貯金がない状況であると不慮の出費が重なり一時的に借入をしなければならなくなる可能性はあります。

貯金をすることで、

  • 急な支出に対応する
  • 人生三大支出(住宅、教育、老後)に備える
  • 万が一怪我や病気になった時に対応する
  • 今後ローンを組む際の信用になる

 

このように人生のリスク回避として非常に重要なことです。

今回の、

  1. 家計簿をつけて自分の収支を把握している
  2. 給料が入ったら最初に貯金をしている
  3. 支出を身の丈に合わせている

この3つを行うことで貯金できるようになります。

まずは行動してみて貯金できる体制を作ってみましょう!

 

では、最後までお読み頂きありがとうございます!

 

The following two tabs change content below.

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-貯蓄に関する情報
-, , , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.