仮想通貨,暗号通貨,ビットコイン,イーサリアム,リスク,リップル,積立,投資,投資対象,運用,資産運用,長期,長期投資,リスク分散,コインチェック,定時定額,ドルコスト平均法

資産運用(仮想通貨)

仮想通貨の積立で資産形成をしよう!元銀行員がおすすめする仮想通貨の投資方法を紹介します!

仮想通貨投資ってなんだかリスクが高くて怖い、、なんて思う方も多いと思います。

リスクで考えたら投資信託や株式投資よりもリスク(価格変動)は大きいです。

しかし、投資方法を間違えずリスクを味方につけることで資産形成をすることが可能です。

この記事では、元銀行員の立場としてリスクの高い仮想通貨の投資方法として、仮想通貨の積立をご紹介します。

 

仮想通貨での積立ってどうやるの?仮想通貨の特性を踏まえて、メリット、デメリットも紹介致します

仮想通貨は代表的なものとしてビットコイン、イーサアリアム、リップル等がありますが、一番有名なビットコインは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

そして、2018年の年末まで右肩上がりで価格が上昇したのちに、価格が暴落して大損をした方、そして仮想通貨を扱う証券会社がハッキングに遭ったりとイメージの悪くなるニュースが後を絶ちませんでした。

そのような中でなぜ仮想通貨も投資先としておすすめするのか。

順を追って説明致します。

 

仮想通貨の特徴は?将来性はあるのか?

仮想通貨の歴史は2008年にネット上で「サトシ・ナカモト」という人が情報を公開したところから始まります。

大まかな特徴を説明します。

仮想通貨の特徴

  • 管理者が存在しない
  • 各仮想通貨によって発行上限が決まっている通貨もある
  • 現物がない
  • 国境関係なく即時送金することが可能

 

管理者が存在しない

日本円や米ドル等法定通貨のように国(正しくは各国の中央銀行)がコントロールしておりますが、仮想通貨はこのような管理する団体がありません。

そのため、価格を操作することができず、需要と供給で仮想通貨の価格が決まります。(実際には一部の人が大量のビットコイン等を保有しており、富裕層がある程度握っている部分はあります)

そのため、政治的介入はありません。

 

発行上限が決まっている

各通貨では発行上限が決まっている通貨があります。

例えば代表的なビットコインであれば、発行上限は2,100万枚です。

そして、ビットコインの場合、時期が経過すると市場に出回っているビットコイン枚数が半減する仕組みになっています。

そのため、需要に変化がなければ供給が減少するためビットコインの価格は上がります。

 

現物がない

ビットコインは日本円のように目に見えるものは存在しません。

全て電子上のコードを記録して、電子上で送受信します。

そのため、一時期頻繁にニュースで騒がれた「ハッキング」というリスクが存在します。

だからこそ、パスワードは20桁以上のランダムで作成したりする必要があります。

 

即時送金が可能

もしも銀行から海外送金する場合は、申請をしたら銀行の本部で様々なチェックをして、送り先の海外の銀行とのやり取りも行なってから数営業日後に送金する流れです。

その際には送金する通貨の両替も行なったりするため、数千円の手数料が発生します。

しかし、仮想通貨の送金であれば、早ければ即時〜数時間以内には送金することが可能です。これはどの国に対してもです。

手数料に関しても数十円〜数百円程度であり、銀行で振込をする必要がなくなりました。

海外にホームステイしている子供に生活費を送る際に仮想通貨を利用している人も増えています。

 

仮想通貨は安全なの?

仮想通貨の大まかな特徴を踏まえて、仮想通貨ってリスクが大きいのでは?

と思う方も多いかと思います。

リスクという観点で説明すると、ハッキングされるリスクもありますし、価格の変動が大きいため、仮装通貨を保有した途端に価格が暴落する可能性もあります。

仮想通貨はもともと「決済機能」として誕生しましたが、実態としては「投資対象」という認識が大きいです。

このように価格変動が大きいことからも投資対象としては良いのではないかと考えております。

そのためには、ハッキングリスクを限りなくなくすためにもパスワード管理を徹底することと自分の資産のうちの少額の範囲で購入することを強くおすすめします。

 

なぜ、仮想通貨を積立で購入するの?

大きな理由は価格変動が大きいからこそ、積立で購入することで、

「ドルコスト平均法」が活きるからです。

ドルコスト平均法とは

毎月、一定の時期に一定の金額で投資商品を購入することです。大きなメリットとして、

  • 価格変動のある投資商品でも、毎月購入し続けることで購入平均単価を平すことが可能
  • 少額から始めることが可能
  • 投資する際に都度判断する必要がないため、感情に左右されない

何よりも、購入する時間と金額を分散することで大きなリスク分散を測ることができます。

だからこそ、ドルコスト平均法は価格変動が大きい投資商品に対して行うほど効果的なのです。

そして必ず気を付けて頂きたいことが、「長期的な投資として考える」ことです。

1年等で結果を求めず、5年くらい積み立てる気持ちで始めましょう。

 

積立で購入するメリット

  • 購入単価を分散することが可能
  • 購入するタイミングに悩むことがない
  • 将来の資産形成として着実に増やすことが可能
  • 途中でライフサイクルが変わったとしても、掛け金を一時ストップする等もできる

 

積立で購入するデメリット

  • 積立始めたらすぐには辞められない可能性がある(価格が下がっている可能性がある)
  • 少額から毎月少しずつ増やしていくため、ハイリターンとはなりにくい
  • 価格が上昇し続けた場合、一時金で購入した方が利益が出るため機会損失となる可能性がある

 

仮想通貨の積立はどこでできる?

仮想通貨,暗号通貨,ビットコイン,イーサリアム,リスク,リップル,積立,投資,投資対象,運用,資産運用,長期,長期投資,リスク分散,コインチェック,定時定額,ドルコスト平均法

仮想通貨の積立をする際のおすすめは「コインチェック」です。

コインチェックでの積立メリット

  • 銀行口座が毎月引き落とししてくれるため、最初の設定以降手続き不要
  • 口座から引き落とす際の手数料無料
  • 毎日買い付けするプランもあるため、より各変動リスクを抑えることが可能(口座引き落としは月1回)
  • 毎月1万円から購入可能

コインチェックでは仮想通貨の積立用サービスを取り扱っております。

他の取引所では毎月自分で購入手続きする必要があるため、積立で購入する場合はコインチェック一択かと思います。

コインチェックは下記からサイトへ移動できます。

コインチェック公式サイト

将来の資産形成の手段として仮想通貨の積立を検討してみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までお読み頂きありがとうございます!

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-資産運用(仮想通貨)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.