SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,資産運用,資産構築,方法

資産運用(投資信託)

資産運用と資産形成の違いってなに?老後に必要なお金を貯める為にまずは基本を理解しよう!

資産運用資産形成って言葉をよく聞きませんか?

これからは貯金だけじゃダメ!資産運用しないと!
ってテレビCMでも流れてます。

しかし、資産形成資産運用は言葉の意味が全く違います。

まずは言葉の意味を正しく理解して、自分の状況に合った判断をしましょう!

 

資産運用と資産形成の違いは?

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,資産運用,資産構築,始めたい

大きな違いがある資産運用資産形成ですが、まずはその違いを理解していきましょう!

 

資産運用とは

資産運用は、既に形成されている資産を使って、その資産を増やす事をいいます。

貯金が100万円あったとしたら、そのお金を投資信託や株式、FXなどに投資を行い、分配を考えながら100万円を着実に増やしていくイメージです。

 

資産形成とは

資産形成資産運用と違って、ゼロから資産を構築していくことをいいます。
資産構築ともいいますね!

現時点で資産がほとんどない状態から、収入と支出を考慮して資産を着実に増加させていくイメージです。

 

資産運用と資産形成の大きな違い

こうして見てみると、資産運用の方が断然簡単です。
なぜならば、既に形成された資産がある状態でどのように増やしていくかを考えるというものなので、少なくとも貯蓄があり、ある程度余裕がある方対象だからです。

資産運用するほどの余裕がなく、これから運用していくだけの資産を構築するのが、資産形成です。

つまり資産運用の前段階に資産形成があるというわけなのです。

 

資産運用と資産形成、どちらが必要なのか考える

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,資産運用,資産構築,資産形成

資産運用資産形成、言葉の意味がわかったところで自分にとってどちらが必要なのかを考えましょう。

どちらが必要なのかと書きましたが、基本は同じです。

世情を理解し、金利や株価、経済状況を把握、そして上手に組み合わせながらそれぞれの値動きに応じて取引していきます。

自分が資産運用をしていくだけの資産があるのかどうかを考えてください。

運用するだけの資産が無かった場合は貯蓄、資産形成をしていきましょう。

 

そもそもなぜ資産運用や資産形成が必要なのか

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,資産運用,資産構築,違い

資産運用資産形成の違いを説明してきましたが、そもそもなぜ必要なのでしょうか?

元銀行員がその理由を説明していきます!

 

資産を構築し、増やしていかなければいけない理由

まず前提として、資産を増やして儲けたいからという単純な理由ではないことを先に言っておきます。

資産運用、資産形成が必要な理由は、平均寿命年金問題にあります。

平均寿命は80歳以上となり、公的年金受給開始年齢も引き上げられ、年金自体が危うくなっています。

そんな中、個人でしっかりと老後を見据えて資産を作っていく必要があるのです。

 

資産形成を始めよう

資産形成は20代や30代から始めるから意味があります。

お金が貯まったら始めよう、とか子どもが出来たら始めようというのでは遅すぎます。

試しに例を用いて考えてみましょう。

まずは老後までの期間を考えます。
定年が65歳だとして、現在30歳であると仮定します。
期間は35年です。

次に利回りです。
年利が1%の投資信託で資産を構築していきます。

最後に金額です。
毎月5万円ずつ資産形成にまわします。

期間:35年
利回り:年利1%
金額:毎月5万円

複利で計算をしていくと、35年で25,110,486円となります。

単純に5万円ずつ貯蓄していた場合は21,000,000円なので、
利息だけで4,131,411円も増えた計算になります。

 

期間を25年にして計算をし直してみましょう。

期間:25万円
利回り:年利1%
金額:毎月5万円

複利で計算をすると、25年で17,023,422円となります。

単純に貯蓄していた場合は、15,000,000円となります。
利息は2,037,608円

以上のように、期間が10年違うだけで、最終的な利息額が2倍も違ってくるのです。

当然今回は単純計算なので、経済の状況などによって変わってきますが、早めに資産形成を始めた方がいいという事実は変わりません!

思い立ったら即行動を意識しましょう!

 

まとめ

今回は資産運用資産形成の違いについて説明してきました。

資産運用をするに越したことはありませんが、運用するだけの元本がない場合、貯蓄してから始めるというのではなく、毎月少しずつでも資産形成をしていきましょう!

来月の給料日からでも始められます。

老後の生活を想定したときに、貯蓄や年金だけじゃ全く暮らしていけない世の中になってきます。

必ず資産運用資産形成は必要になってきます。

もしわからないことがあれば、LINEで気軽に質問してくださいね!
お待ちしてます!

The following two tabs change content below.
金融博士

金融博士

元銀行員の金融博士です。 入社後10年以上にわたり、個人や法人に対して借入・貯蓄の提案をしてきました。 今はWEBコンサルタントとして企業の売上アップの為に奔走しています。 借金に悩んでいる人、これから貯蓄をしていきたい人に自分の知識を伝えたるために、金塊王子と借金問題解決アカデミーを設立。 お金の悩みはここで解決していってください!
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-資産運用(投資信託)
-, , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.