ペイペイ,paypay,ぺいぺい,ジャパンネット,ジャパンネット銀行,提携,カードローン,キャッシング,お金を借りる,金利,借入限度額,メリット,デメリット

コラム

ペイペイとジャパンネット銀行が提携!ペイペイでキャッシングが可能だけど安易に申込みしてはいけない理由を解説!

ペイペイPayPay)とジャパンネット銀行が提携しており、ペイペイからキャッシングをすることが可能となりました。

ペイペイでのキャッシングのメリット、デメリットは何があるのでしょうか。

そしてどのようなサービスなのか確認していきましょう。

 

ペイペイ(PayPay)でお金を借りることができる?

ペイペイ,paypay,ぺいぺい,ジャパンネット,ジャパンネット銀行,提携,カードローン,キャッシング,お金を借りる,金利,借入限度額,メリット,デメリット

ペイペイは既に多くの方が知っているソフトバンクとYahoo!が設立したPayPAy株式会社が運営するスマホ決済サービスです。

今まではペイペイを導入しているお店で支払いをする時に、キャッシュレス決済ができるサービスに特化していました。

以前は20%還元キャンペーンなどCMでも大きく宣伝をして話題にもなっていましたね。

日本のキャッシュレス決済における先駆者のような存在です。

今回、このペイペイが支払う機能だけではなく、お金を借りる機能も始めているので、どのようなサービスかチェックしておきましょう。

 

ジャパンネット銀行と提携してキャッシングが可能に

ペイペイは2020年5月28日から、アプリ内からお金を借りる機能を搭載しました。

誰でも借りられる訳ではなく、このアプリ内からジャパンネット銀行のカードローンの申込みができるということです。

ペイペイ経由ですが、あくまで契約はジャパンネット銀行と行います。

アプリ内の「お金を借りる」をタップすると、ジャパンネット銀行のページへ移動し、口座開設と申込みが同時にできるようになっています。

ペイペイ,paypay,ぺいぺい,ジャパンネット,ジャパンネット銀行,提携,カードローン,キャッシング,お金を借りる

ペイペイアプリ1つで、支払いや友人へのお金の送金なども出来て、投資、ショッピング機能やお金を借りる機能と、ペイペイ1つで生活が完結するような総合的なサービスへと変化しています。

一元管理できるのは、メリットかもしれません。

 

ペイペイを通じてお金を借りるメリットはある?

ではペイペイでお金を借りることのメリットはあるのでしょうか。

ペイペイは先ほど記載した通り、アプリ内でライフスタイルに関わる多くのことが一元で利用することが可能です。

生活はペイペイアプリで統一しようと考えている方は、シンプルでわかりやすいかと思います。

また、ペイペイ経由でジャパンネット銀行のカードローンを申込みすると100日間無利息のキャンペーンを行なっています。

※ペイペイ経由でジャパンネット銀行に申込みをした場合に適用

これについては、注意点がありますので、この後もお読み下さい。

 

ペイペイを通じたジャパンネット銀行での借入の注意点

ペイペイアプリから借入できるようになりましたが、いくつか注意点がありますので、利用しようか考えている方は必ずチェックして下さい。

  • 金利が高い
  • 即日借入はできない
  • 100日間無利息だが、繰上げで返済すると適用外となる

 

金利が高い

申込み直前の画面では「金利は年1.59%〜18%」と表示がありますが、この金利はあくまで借入限度額によって定められています。

ペイペイ,paypay,ぺいぺい,ジャパンネット,ジャパンネット銀行,提携,カードローン,キャッシング,お金を借りる,金利

そしてこの金利の基準は他の消費者金融のカードローンよりも若干高い金利設定になっています。

ペイペイ,paypay,ぺいぺい,ジャパンネット,ジャパンネット銀行,提携,カードローン,キャッシング,お金を借りる,金利,借入限度額

また、金利が少しでも低い方が良いからと必要もないのに、多めの限度額で申込みをしてしまうと、仮に審査が通ってもその金額の信用情報が掲載されてしまうため、今後の信用調査に影響があります。

必要のない金額は申込みしないようにしましょう。

 

即日借入ができない

申込みをして審査の仮承認は最短60分で可能とあります。

借りれるかの概ね判定は60分程度でわかります。

しかし、仮承認の後に口座開設や契約をする必要があるため、

ジャパンネット銀行の口座を既に保有している方は1週間程度

口座開設も同時に行う方は2〜3週間程度かかるため、即日お金が必要という方は不向きです。

但し、カードローンとなっているため、一度審査に通り契約をすると、その後は上限枠まで自由に引き出しが可能です。

 

100日間無利息だが、繰上げで返済すると適用外となる

100日間無利息というキャンペーンを行なっています。

他の消費者金融などでも30日間無利息を行なっていところはありますが、100日間はありません。

しかし、この100日間キャンペーンは、

  • 通常の約定の返済時の利息のみ
  • 利息が発生しないのではなく、利息相当を普通預金に振込む

こととなっているため、一時的に借りて、全額一括で返済すると適用外となります。

そしてジャパンネット銀行では、借入額が10万円以下の場合、毎月の返済額は3,000円(利息込み)と少額設定となっています。

100日間のみ無利息なため、3ヶ月分の返済のみ実質無利息です。

つまりは約8,900円程度(金利18%を考慮)以上借りた場合は4ヶ月以上の返済となり、利息が発生します。

 

結論

ペイペイのアプリでライフスタイルがトータル管理できるようになってきました。

それに伴い、お金を借りることができるようになりましたが、

  1. 即日借入ができない
  2. 金利が高い
  3. 毎月の返済額が少額なため、トータルの利息負担は消費者金融よりも高い

という点からあまりおすすめはできません。

ペイペイ信者であり、一元管理をしたい方は、申込みをして限度額の枠を確保しておくことでいざすぐに必要という時でも借りることができるので良いかと思います。

もしも、即日お金が必要、だけど利息負担はかけたくないから数日で全額返済したいという方は、こちらのカードローンがおすすめなので目を通してみて下さい。

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,悪い,相談,貯金,預金,クレジットカード,カードローン,セントラル,元銀行員
カードローンで審査が通りやすい、緩い消費者金融はどこ?一時的な借入は即日融資可能なカードローンで!!

「急な出費があって」 「自己や病気ですぐにお金が必要」 そのような一時的な借入には、即日融資可能なカードローンを利用しましょう! まずはカードローンについて解説していきます! 審査の緩いオススメの金融 ...

続きを見る

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-コラム
-, , , , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.