カードローン,カードローンとは,仕組み,基本,基本情報,メリット,デメリット,注意点

借入する方法

カードローンとはなに?!元銀行員がカードローンの基本や仕組みを徹底解説!

毎月給料の範囲で生活費のやりくりをしていても、急な出費ってありますよね。

緊急時に少額だけすぐにお金が必要なんてこともあるかもしれませんが、そのような時にカードローンが活躍します。

お金の借りる方法はいくつかありますが、この記事ではカードローンとは何か、基本情報や仕組み、そしてカードローンのメリットやデメリットを解説致します。

そのため、正しい使い方を理解しないと大きな損をしてしまう可能性もありますので元銀行員が徹底的に解説致します。

 

カードローンとは?基本や仕組みを解説

カードローンとは?基本や仕組みを解説致します

なるべくお金を借りずに家計のやりくりをしたいと思うかと思いますが、急な出費も突然訪れることがあります。

始めて利用する方はローンと聞くと後ろめたさなどもありますが、お金を借りることが悪いことではありません。

カードローンの基本的な知識を知っておき、正しくカードローンを利用し、適切な活用をしましょう。

カードローンとは個人向けの借入サービスで、事前に借入限度額の枠を定めるために申込みをして審査をします。

審査が通ったら、この借入限度額までは自由に借入することができるサービスです。

枠さえ確保しておけばコンビニのATMで気軽に引き出しをすることができます。

 

カードローンの仕組みとは?

上述の通り、カードローンを利用するには取り扱っている金融機関や消費者金融に申込みをして審査を行います。

そして借入の審査が通ったら、承認された金額(審査の結果、減額で承認されるケースもあります)の枠が設定されて、ご自宅にカードが届きます。

このカードを使えば、コンビニのATMや取り扱う金融機関のATMなどで自由にお金を引き出すことが可能です。

また、基本的に延滞などなく利用していたりすると後々、枠を増額したりすることも可能です。

 

カードローンと一般的な借入の違いは?

カードローンと一般融資の大きな違いは「限度額の枠の設定の有無」です。

通常の借入だと、借りたら翌月から返済がスタートして徐々に残高が減り、完済したら借入終了です。

しかし、カードローンの場合は、一度利用して、完済してもこの枠は無くなりません。

契約が続く限り、何度でも借りることが可能な商品です。

だからこそ緊急時にはすぐに借りることができる反面、解約をしない限り、その枠をずっと保有していることとなり、今後他の借入をする際に多少影響があります。(利用残高が0円でも枠がある限り、借入しているものと判断されます)

 

カードローンのメリットは?

ではカードローンのメリットに関して解説致します。

利用を検討している方は必ずこの後のデメリットも読んで、ご自身の状況に合っていた場合に検討して下さい。

  • 即日借入ができる
  • 申込みが比較的簡単
  • いざって時にもお金の引き出しができる
  • 利用の目的が問われない

 

即日借入ができる

これは消費者金融に限りますが、緊急で必要な場合は平日のお昼までに申込みをすると最短で当日に借りることも可能です。

当日でなくとも翌日などに借りられる可能性があり、緊急で必要という時には助かります。

ただ、銀行系の場合は審査が銀行ではなく保証会社の場合も多く、審査に1週間程度要するケースもあるため、必要に応じて借りる先は判断しましょう。

 

申込みが比較的簡単

銀行などで取り扱う通常の融資だと、何にお金を使うのか、その証明のための資料提出を求められたりします。

しかし、カードローンの場合はそのような書類は不要であり、身分証や収入証明程度で済みます。

借入額によっては収入証明もいらないケースもあります。

また申込みはローン会社によってはATMのような機械で審査が完結するところもあり、借金をすることに抵抗があり、金融機関の窓口には行きたくない方には良いかもしれません。

 

いざって時にもお金の引き出しができる

カードローンの枠を保有しておくと、解約をしない限り枠を保有し続けます。

そのため、緊急時にすぐにATMで引き出しが可能です。

また仕事を辞めたりして収入がなくなったとしても、借入の申込みをせずとも引き出しをすることができます。

もしも収入が0の場合、借入の申込みをしても審査が通る可能性は0に等しいです。

 

利用の目的が問われない

一般的な融資の場合は、利用目的が決まってます。

住宅ローンやマイカーローンなどはその目的にしか利用ができません。

万が一それ以外の目的で利用して、バレてしまうと資金使徒違反として、最悪は全額一括で返済を求められる可能性もあります。

しかし、カードローンの場合は利用する目的などは追われません。

申込み時には何に使うかの記入欄はありますが、借入の目的で審査の結果が変わることはありません。

 

カードローンのデメリットは?

カードローンは使い勝手が良い反面デメリットもあります。

そのため、デメリットも理解してから利用するか判断しましょう。

  • 金利が高い
  • 借金癖がつきやすい
  • 保有している限り信用情報に掲載される
  • 通常の返済だと完済が長くなる傾向がある

 

金利が高い

金利は高いです。

基本的には10%以上だと思って下さい。

この金利が、上述したメリットの対価です。

もしもお金の借りる目的が決まっている場合、(マイカー購入、結婚資金、教育資金など)金融機関でその目的専用のローンを申し込むことで金利はかなり低くなります。

お金の使い道が自由な反面、金利は高くなってしまいます。

 

借金癖がつきやすい

カードローンはいつでもATMで引き出しができるからこそ、利用すると次第に借りるという感覚が薄れてしまいます。

そのため、不安な場合は緊急時のみに利用して、もしも当面利用する予定がない場合は、一度解約することも大事かもしれません。

 

保有している限り信用情報に掲載される

審査の承認がされたら信用情報に掲載されます。

これは解約をしない限り、ずっと掲載され続けるため、他のローン(住宅ローンなど)の申込み時には必ずカードローンを持っていることがバレます。

そして、これは利用残高が0でもその枠分は借りているという判断で審査されます。

 

通常の返済だと完済が長くなる傾向がある

カードローンの場合は、多くの金融機関やローン会社が残高に応じて毎月の返済額が決まる「残高スライド方式」という返済方法を採用しています。

これは毎月の返済額が比較的無理のない範囲で設定されており、返済はそこまで苦にはならない反面、返済額の大半が利息であり元金の返済があまり進んでいないケースが多いです。

そのため、なるべく借りる額は少額にする毎月追加で繰上げ返済するなどの対策もセットで考えて借りると良いでしょう。

 

まとめ:カードローンはデメリットの対策をすることでメリットが発揮される

カードローンは緊急時にかなり使い勝手が良い商品ですが、金利負担が多かったり、借金癖などの懸念もあります。

そのため、緊急時しか利用しないと誓う、利用枠を限りなく少額にしておくなどの対策をしてから借りると良いかもしれません。

 

最後に、カードローンとして審査が通りやすく、元銀行員としてもおすすめしやすいセントラルカードローンをご紹介します。

こちらのカードローンは大手の消費者金融よりも審査が通りやすく、利便性の高いカードローンです。

消費者金融の場合、金利はあまり大差がないため、金利よりも緊急時の審査の通りやすさの方が重要です。

詳細はこちらに書いていますので、目を通してみて下さい。

SKA,アカデミー,借金,借金返済,資金繰り,借金解決,借入,金融,ファイナンス,借入金,返済,サラリーマン,複数,落とし穴,悪,借金,悪い,相談,貯金,預金,クレジットカード,カードローン,セントラル,元銀行員
カードローンで審査が通りやすい、緩い消費者金融はどこ?一時的な借入は即日融資可能なカードローンで!!

「急な出費があって」 「自己や病気ですぐにお金が必要」 そのような一時的な借入には、即日融資可能なカードローンを利用しましょう! まずはカードローンについて解説していきます! 審査の緩いオススメの金融 ...

続きを見る

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-借入する方法
-, , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.