キャッシングとは,キャッシング,メリット,デメリット

借入する方法

キャッシングとはなに?初めて借入する方に基礎知識を元銀行員が徹底解説!

キャッシングとは一時的に借りることができる個人向けの借入方法です。

クレジットカードに付帯されている機能ですが、あくまで借金の方法の1つです。

キャッシングはメリットがある一方で使い方を誤ると損をしかねないため、正しい知識と使い方を知っておく必要があります。

この記事では初めて借入をする方に向けてキャッシングの仕組みやメリット、デメリットなどを徹底的に解説致します。

 

キャッシングとはなに?基本情報を抑えておこう

キャッシングとは,基本,基礎,基礎知識,メリット,デメリット

キャッシングとはクレジットカードに付帯されている借入制度です。

これはあくまで借入なのでクレジットカードを作成する時に、同時にキャッシング機能も申し込むことで枠が設定されます。

その為、申込みをしないと付帯されないので必ず借入機能があるわけではないです。

 

キャッシング枠がない場合は?

もしもクレジットカード作成時にキャッシング枠を申し込まなかった場合でも、後から申込みをすることが可能です。

その為、クレジットカード作成時は学生だったり、収入が少なくてキャッシング枠を作れなかった場合でも後から好きなタイミングで申請することが可能です。

なお、キャッシング枠の金利はどのクレジットカード会社もかなり高い金利設定となっている為、正直どのカード会社でも金利は大差ありません。

その為、必要な場合は金利よりも普段から利用しているメインのクレジットカードに申込みをして良いかと思います。

 

キャッシングの特徴とは

キャッシングはクレジットカードに付帯される借入枠です。

その為、申請時に借入の審査が行われて承認されれば枠が付帯されます。

過去に否決だったとしてもクレジットカードを利用していて、延滞なく利用していたら再度申込みをして申請が通ることもあります。

また、枠が確保できたらATMなどで枠までの金額が引き出し可能となります。

その際の注意点として、

キャッシングで利用した借入金額は基本的に翌月に一括で返済となります。

返済日はショッピング枠の利用の引き落としと合算されて引き落とされます。

その為、もしも一括返済ができない場合は、ネットのマイページなどで分割返済にする手続きを忘れないようにして下さい。

カード会社によってはキャッシング時に一括かリボ払いか選択するカード会社もあります。

 

キャッシングはショッピング枠とは違う

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は違う意味です。

ショッピング枠だとお買い物などの際に決済をして、その時に一括払いや分割払いを指定して支払います。

この枠とは別で、キャッシング枠を保有し、この枠の金額の中でATMで現金を引き出すことが可能です。

その為、キャッシング枠を利用する場合、借入なので金利が発生します。

ショッピング枠でも一括払いと2回払いは金利や手数料はかかりませんが、基本的に3回払い以降は金利が発生するのでご注意下さい。

なお、キャッシング枠は、包括してショッピング枠の一部ではありますので、キャッシングした分はショッピング利用枠も減少します。

 

キャッシングのメリットとは

キャッシング枠を利用する場合、メリットがいくつかあります。

後述するデメリットと併せて理解をしてからキャッシング枠を付けるか検討しましょう。

  • 枠があれば緊急時に審査なしで現金を引き出せる
  • 別途カードローンを保有せずにクレジット1枚で管理可能
  • 海外旅行の現金化がお得になる

 

枠があれば緊急時に審査なしで現金を引き出せる

上限枠までは近くのコンビニATMで引き出しができる他、ネットから申請をして、口座に振込をすることも可能です。

大至急、今日中に必要となった場合でも利用できる為、安心感もありますね。

 

別途カードローンを保有せずにクレジット1枚で管理可能

カードローンも枠を保有する点では同じですが、複数のカードを保有するために管理面で紛失リスクも上がります。

また、カードローンの場合、カードでローン用のカードだと家族が見てもわかりますが、クレジットカードだと一見では借入しているかはわかりません。

 

海外旅行の現金化がお得

海外旅行をする時に旅行先の通貨の現金を持っていくかと思いますが、空港の両替所で交換すると手数料が高いです。

その為、キャッシングとして現地のATMで引き出しをすると自動的に現地通貨に変換して出金することができます。

そして帰国後にATMで返済すると日割り計算で利息がかかるだけな為、両替手数料がお得となるケースがあります。

この記事では詳細の計算式などは割愛しますが、気になる方はこちらの楽天カードの記事が分かりやすく記載しています。

 

キャッシング枠のデメリットとは

ではキャッシングのデメリットも把握し、キャッシング枠を利用するかどうか判断しましょう。

  • 金利が高い
  • 住宅ローンなど他のローン審査時に不利になる
  • 不正利用された時の補償がないケースがある

 

金利が高い

基本的に金利は法律で定められている上限金利ギリギリの18%程度で定めているカード会社が多いです。

その為、利用するとしても少額、枠の設定も最低限の10万円程度にしておくなどの対策を併せてする方が良いです。

 

住宅ローンなど他のローン審査時に不利になる

他のローンの申込み時に必ず信用情報を確認されます。

その際に利用状況が分かり、またキャッシング枠の利用はローンの審査として評価はあまりよくありません。

金利がかなり高い上に、統計上キャッシングやカードローンの利用者は平均して複数回借入を繰り返すというデータがあります。

その為、借金癖が付きやすい商品でもあり、印象はよくありません。

他のローンを申し込む際にはキャッシング枠のカードを解約したり、キャシング枠をなくすなどの対策も必要です。

 

不正利用された時の補償がないケースがある

クレジットカード会社によって取り扱いが異なりますが、ショッピング枠の不正利用は補償されるが、キャッシング枠の不正利用は補償対象外のケースがあります。

まずは暗証番号は推測されない番号にする、家族も含めて誰にも渡さないなどは徹底するように心がけて下さい。

 

まとめ:キャッシング枠最小限に緊急時のみの条件であれば利用しても良い

メリットとデメリットも含めて解説しました。

デメリットである金利はかなり高い設定であり、少額でも金利がかなり発生します。

しかし、将来的に海外旅行などで利用するなど借入目的以外にもメリットがある為、10万円程度の枠を保有しておくことはアリです。

ただし、緊急時のみしか利用しないと誓うなどの条件が守れる前提の方が良いです。

 

では最後までお読み頂きありがとうございます!

 

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-借入する方法
-, , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.