カードローン選ぶ基準,金利

おすすめカードローン 即時借入する方法

【裏話】カードローンの選ぶ基準は金利が高い方が良い?!理由を解説

急にお金が必要になった、今月生活費が少し足りない可能性がある、、

 

そんな時にカードローンは借りたい時に借りたい金額だけ借りることが可能であり便利です。

しかし、どこでカードローンを借りるべきか悩みますよね。

この記事では、カードローンを選ぶ基準として、元銀行員がローンの審査の裏話も踏まえておすすめのカードローンの選び方を解説していきます。

 

審査が激甘なカードローンは存在しない?!

カードローン,金利,選び方

 

カードローンは当然ながら借入であり、債権者(金融機関)が債務者(借入人)に対して、きちんと返済してくれるだろうと信用できたら、お金を貸してくれます。

そのため、借入の返済をせずにブラックリストに掲載中の方が借入の審査が通ることは基本的にありません。

 

過去にブラックリストに掲載されて、その後改善された場合には借りられる可能性はありますが、リアルタイムで掲載されていて金融機関や消費者金融で借入の審査が通ることはありません。

貸した側も返済して貰わないと赤字になってしまいます。

 

そして、信用が低い人はその分を金利を上乗せして貸すワケですが、利息制限法という法律で金利の上限が決められています。

だからこそ信用がない人にまでローンの審査が通ることはありません

 

審査に不安な人は金利に注目しましょう

上述の通り、金利はその人の信用に通じます。

金利が低い=信用が高い

金利が高い=信用が低い

 

そして金融機関や消費者金融によってカードローンの金利上限が決まっており、金利上限が低めということはある程度信用力のある人しか審査を通さないということの裏返しなのです。

金利が低い:ローン会社にとって、利益率が低いけれど、返済してくれなくなるリスクは低い。

金利が高い:ローン会社にとって、利益率は高いけれど、返済不能となるリスクが高い。

 

これはお金を貸す側でも例えば銀行と消費者金融など対象としているユーザーが違うことでもあり、

あなたが客観的に自分のことを考えて信用力があまりないかも、、

と感じた場合は金利が高めに設定されているところを選ぶようにしましょう。

 

金利が低めのローン会社は審査はとても慎重

上記の通り、金利設定が低いところは審査がとても慎重です。

どこの金融機関やローン会社でも信用情報のチェックをしますが、金利が低めのところは過去24ヶ月以内に延滞が1回あると審査が通る確率はかなり低いと思って下さい。

 

可能性があるとしたら、入金忘れで1日だけ延滞したとか明確な理由があるくらいです。

そして、1日のみ延滞したなどの情報も全て記録されているため、注意が必要です。

 

カードローンの金利の比較

では参考程度にいくつかの金融機関や消費者金融の金利をピックアップします。

ローン会社金利
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%
みずほ銀行 カードローン2.0%~14.0%
楽天 カードローン1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%
プロミスカードローン4.5%~17.8%
アイフルカードローン3.0%~18.0%

このように比較的銀行系が金利が低い傾向にあるからこそ、審査が厳しい傾向にあると言われています。

 

銀行系や楽天カードローンで審査が落ちたけど、プロミスなどには審査が通ったということもあります。

 

借りる時に気を付けることとは

  1. 口コミは参考程度に
  2. 連続で複数社に申込みをしてはダメ
  3. 利用目的に応じて借入先も選ぼう

 

その1:口コミは参考程度に

口コミの全てが信憑性があるかは定かではありません。

そしてその口コミの人、一人一人によって環境や信用情報など全く同じ人は誰一人いません。

 

そのため、あなたと全く同じ属性の人は存在しないため、口コミは参考程度にしましょう。

 

その2:連続で複数社に申込みをしてはダメ

申込みをした記録も信用情報に掲載されます。

そのため、上述で銀行系で審査が落ちたけど、消費者金融なら審査が通ったという口コミもあるとお伝えしましたが、このように立て続けに借入の申込みは辞めましょう。

 

立て続けに審査の申込みをすると「申込みブラック」と言われる申込みのし過ぎで審査に落ちる可能性が発生するからです。

そのため、自分を客観視して、信用に少し疑問を感じたら消費者金融に最初から申込みましょう。

 

その3:利用目的に応じて借入先も選ぼう

もしも至急お金が必要な場合は消費者金融で申し込む必要があります。

そもそも銀行系とは審査の方法が違うため、銀行系でもカードローンだからすぐに審査の結果が出る訳ではありません。

 

消費者金融はある程度システム化されているため、借りられる人、借りられない人はすぐに判断できます。

しかし、銀行系は外部に審査を流すケースもあるため即日に借りることはできません。

 

下記ではあなたに合ったお金の借り方について解説しています。

あなたに合ったお金の借り方とは?正しい借り方の手順をFPが解説

 

まとめ:カードローンの申込み前に自分で自分の信用力をセルフチェックしましょう

金利=信用,自分の信用に懸念がある場合は金利の高いところを選ぶ,借入は連続で申し込まない,至急お金が必要な場合は消費者金融のみ,口コミは参考程度に

 

カードローンを申し込むときはこれらを念頭において借りる先を選びましょう。

借入先のおすすめランキングはこちらで詳細に書いていますので参考にしてみて下さい!

消費者金融おすすめ
【2021年9月最新】消費者金融おすすめ人気ランキング3選とは

お金を借りようか検討中の場合、少しでもお得に借りたいものですよね。 しかし、お金を借りる先の判断基準は金利だけでなく総合的に検討する必要があります。   それはなぜ借りるのか、理由によっても ...

続きを見る

 

では最後までお読み頂きありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.

経済博士

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務力が得意。 自称「ファイナンスエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。

-おすすめカードローン, 即時借入する方法
-, , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.