カードローン,消費者,消費者ローン,借入,借金,ローン,理由,使い道,調査,事後調査,確認,なぜ,資金使徒,ランキング,何が,多い

借金の基礎知識

カードローンの使い道は何が多い?ローン会社に使い道は調査されるの?元銀行員が実態を徹底解説します!

カードローン即日借入できたりとメリットもありますよね。

基本的に使い道自由であることが多い代わりに金利設定が高いケースがほとんどです。

そこで実際にカードローンを利用する人の使い道は何が多いのだろうか。

そして利用した後、使い道はローン会社に調査されたり、バレたりするのか気になりますよね。

この記事ではカードローン使い道に関して解説していきます!

 

カードローンの使い道には何がある?

カードローンで借りたお金は基本的に使い道自由です。

ただし、事業性のための使い道は禁止となっている場合が多いですが。

それ以外は何に使っても良いとなっています。

そこで、実際に借入したをした人の借りたお金の使い道をランキング形式で確認してみましょう。

 

借りたお金の使い道をランキング形式で確認してみましょう

そこでこちらの日本貸金業協会では資金使徒(使い道)の調査をして公表しております。

こちらのデータを確認しながら、借入の動向をみていきましょう。

では、ランキング形式で発表していきます。

※複数回答可能な調査です。

ランキング資金使徒回答比率
第8位納税の支払いのため8.2%
第7位他の借金返済分の補填8.5%
第6位自動車購入資金10.1%
第5位衣服購入資金10.4%
第4位家賃の支払い11.8%
第3位外食など遊興費14.5%
第2位食費17.0%
第1位趣味/娯楽費41.7%

という結果でした。

上位3位は切羽詰まってというよりは娯楽など借りなければならない状況ではないけれど、気軽に借入できる点から利用している傾向にあります。

 

男女で使い道に違いがある?!

そこで男女別でも使い道を確認したところ、明らかな差が見受けれられました。

特に男性は娯楽費や遊興費が多いことから、多少背伸びをするためであったりと絶対借りなければいけない状況で借りているという状況ではなさそうです。

また女性は食費や家賃の支払いのためなど生活するために資金繰りの補填として借入している傾向があります。

このことからも男女の考え方の違いが見受けられますね。

 

少数派ではこのような資金使徒も?!

少数派の借入した資金使徒としてこのような使い道もありました。

  • ギャンブル
  • 通信費
  • 公共料金の支払い
  • 資格試験代 など

少数派としてはこのような使い道もありました。

ギャンブルのために借入するのは元銀行員としてはおすすめはできませんが。。

公共料金の支払いなどは恐らく大きな金額ではないため、消費者ローンの少額から気軽に借入できるメリットを上手に使っているようにも感じます。

他で収入が入ったらATMで気軽に返済できる点としても、金利負担も少なく済む可能性もありますからね。

 

カードローンを利用した後、調査されるの?

カードローン,消費者,消費者ローン,借入,借金,ローン,理由,使い道,調査,事後調査,確認,なぜ,資金使徒,ランキング,何が,多い

カードローンを利用した後に何に使ったのか調査されるのでしょうか。

結論としては調査は一切されません。

上記のランキングも任意のアンケート調査の結果です。

基本的に何に使っても良いというのがカードローンのメリットです。

 

他のローンは調査される借入もある

カードローンは資金使徒自由なため、事後調査はありません。

しかし、住宅ローンやマイカーローン、その他資金使徒が事前に決まっているローンは事後調査があります。

借入と同時にその使い道の通りに振込、その振込をした領収書の提出を求めるケースもあります。

もしも、その通り以外のことにお金を使ってしまったら、資金使徒違反となり最悪は残りの借入残高を一括で返済を求められたり、フリーローンとして金利の高い商品に切り替えられたりします。

 

借入するに至った理由は?

そこでなぜ借入で対応しようとしたのか、理由も確認してみましょう。

※複数回答可能な調査です。

ランキング理由回答比率
第8位結婚や出産等により支出増加10.7%
第7位引越しなど一時的な支出増加11.8%
第5位病気による収入の減少12.8%
第5位資格取得など将来の自己投資12.8%
第4位失業、転職による収入減少14.8%
第3位急な冠婚葬祭等支出の増加16.2%
第2位旅行などによる支出の先取り35.9%
第1位臨時収入を見込んだ先行支出40.7%

このような理由から借入に至ってます。

賞与が貰えるのを見越して一時的に借りたりしている人も多いみたいです。

 

まとめ

今回の記事では周りの借入する目的や理由について説明しました。

借入するに至った理由の多くに、支出の増加や収入の減少がありますが、人生において様々なリスクがあるからこそ急な出来事が起こるものです。

そのための緊急策としてカードローンは適しているかと思います。

しかし、このような事態も想定して日頃から貯金を心掛けることも重要かと思います。

そしてなるべくは住宅ローンなど使い道が決まっている金利の低い借入のみ利用し、

カードローンは本当の緊急時にのみ利用して、なるべく多くの金額を借りないように気をつけましょう。

 

では最後までお読み頂きありがとうございます!

 

The following two tabs change content below.
金塊王子

金塊王子

元銀行員として10年以上勤務。 得意な分野は、100社以上のビジネスモデルに関与し、多くの企業を黒字化にしてきた経験、個人に対するFP業務を行い資産運用をしてきた経験から財務におけるコンサルと、 ウェブ解析士兼データサイエンティストとしてのマーケティング支援を得意とする。 自称「ファイナンス&マーケティングエバンジェリスト」 困っている人をほっとけないタイプ。
借金・貯蓄・金融に関して悩みがある方や、相談したいという方は公式LINEの追加をお願いします! 一人ひとりに合った解決法の提案をしていきます! お気軽にご相談ください!   友だち追加

-借金の基礎知識
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 借金問題解決アカデミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.